2015/09/26 きょうのひなた

2回めのワクチンを摂取する時期になったので病院に行ってきました。
キャリーケースに入るのは嫌がりませんでしたが、車で移動中は不安そうな声を出していました。ブリーダーさんからうちにくるまでとの違いは、ケースの隙間から指を入れると頭を擦り付けてくることでした。頼りにしてくれているようです。

写真は病院とは関係なしDSC02384
病院でも暴れることなくおりこうさんでした。

先生にワクチンについていろいろ相談しました。前の猫がワクチン接種が原因かもしれないと言われる線維肉腫で亡くなっているので、生ワクチンにした方がいいのかと聞きましたが、ここで使っているワクチンは不活性のものでも肉腫の原因かもしれないと言われている成分を含んでいないので、リスクは低いと説明されました。また、万一発症した時のことを考えて、肉腫切除が難しくなる背中ではなく、太もものところに接種するとのことでした。
ちゃんと線維肉腫のリスクも考慮しているんだなと理解してお任せすることにしました。

診断の間、ずっとわたしに寄り添っていましたが、ワクチン注射の際は看護師さんにお任せしました。注射の瞬間は特に痛がる様子もありませんでした。

帰るとき、しばらく元気がないかもしれませんと言われましたが、帰っても元気いっぱいでした。

ブリーダーさんで行ったものと今回と含めて2回で終わりかと思いましたが、もう一度接種するらしいです。

うまいこと、ぺろりの瞬間を撮れました。
DSC02178
この写真でわかるように、首輪をつけてみました。この顛末については後日書くかもしれません。
DSC02188DSC02219 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です